五線譜づくり

2020年2月11日 オフ 投稿者: ^_^

こんにちはー
広島のピアニスト、愛真さなえですー


音楽やってる方、楽譜を書くときにどんな五線譜に書いてますか?
アプリやPCの方も多いかもしれませんね^^


私の場合、最初は「音楽ノート」に書いていましたが、すぐに最後まで書き終わってしまうので、ルーズリーフに変更。
マルマンのルーズリーフが好き。


だけどルーズリーフって、ページをめくるときに輪っかにひっかかるんよね、、、
それに、マルマンのルーズリーフは近くのお店では手に入らないので、ネットで送料を追加して購入せんといけん・・・
妥協して、近くの文房具店などで買うと、メーカーによっては線が薄くて、書きづらいだけでなく、コピーすると全く線が写らなかったり。
印刷の設定を濃くすると、全体的にグレーになっちゃうし・・・
通常使う紙はA4が多いのに、ルーズリーフはB5なので、扱いづらい場面も。


現在、私は自分の好きなデザインで作った五線譜を使っています。


といっても、一から自分で作っているんじゃなくて、こちらのサイトを利用^^

◆方眼紙ネット・・・五線譜ダウンロード


このサイトで、たとえばA4で、1段の高さ8mm、16段、線の太さ0.1mm なんて設定をして、おうちのプリンターで印刷。
用途に合わせて、10段、12段の五線譜も作って、PDF化してPCに保存しています。
16段はピアノのみの場合、12段は歌とピアノ、などのように使い分けています。


このサイト、ほんと便利!
線の太さが変えられるので、自分の視力に合わせてはっきりくっきりな太さの五線譜が作れて、ずいぶんとストレスが減りました^^


最初はどのくらいの値にすれば自分にちょうどいいのか分からなくて、何度かやり直しが必要になると思うけど、おうちにプリンターさえあれば「五線譜が足りん!!」と慌てることもありません・・・