「僕の先生はモネ」

2020年3月21日 オフ 投稿者: ^_^

愛真さなえです^^
広島でピアノを弾いています。
関西に住んでいたずーっとむかしのお話・・・


京都市立植物園。
大好きだった場所です。
森の中のような植物園内で写生をするのは、この上なく心地がよく、目で見る風景を絵にしていると、自分が木々や草花と一体化していくような気がしました。


園内でいちばん好きな場所は、蓮池


ここに行くといつも、蓮池の絵を描いているおじいさんがいました。


こっそり絵を覗き込む私に、おじいさんはスケッチブックをゆっくりと1枚ずつめくりながら見せてくれました。
どの絵も蓮池の絵。
何枚も何十枚も。


同じ蓮池の絵なのに、見る角度によって違う絵になるのはもちろんのこと、
「季節やその日の天気によって、全く別の絵になるよ」


確かに同じ場所から描いた絵でも、スケッチブックの中に同じ絵は1枚もありません。


毎日、蓮池に通って絵を描いているというおじいさん。
何度か会話をした中で、何年経っても忘れられない言葉があります。


「僕の先生はね、モネ」


モネの絵から、たくさんのことを学んでいる、と。


音楽にも当てはまる言葉。
偉大な演奏家たちが残してくれた音源から学べることは、数えきれないほどある。


ただ、
それを学べるようになるには、ある程度の理解ができていないと、気づくことすらできない(泣)


がんばれ私、、、

– My Funny Valentine –

Trumpet: Miles Davis
Piano: Red Garland
Bass: Paul Chambers
Drums: Philly Joe Jones